2013年3月アーカイブ

r0011999.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像震災から2年目の11日の前後から、どのTVも東北の「あの日」と「その後」を映している。

18,000人以上の死者、そこには18,000編の物語があるのだった。

連日TVを観てはウルウル、胸が痛んだ。

そんな中、今日、開花宣言第一号が福岡で発表された。

そこへなんと、孫が「順天堂大学医学部に合格しました」と娘からメール。 

 受験とは知っていたが、高校3年の5月までバレーボール部活動に明け暮れていたので「一浪だね」と話していて、合格は予期していなかった。

「花咲かせたかー!!」と孫の快挙にウルウルが嬉し涙に変わった。

孫は小・中学校時代、食物アレルギー発作で何回か救急車で病院へ運ばれている。昨年、東京では給食で女の子が亡くなっている。

アレルギーの研究でもするのだろうか、または天皇陛下の手術を担当された、天野教授の講義を受けるのだろうか・・・と勝手に想像している。

3月 ---ひな飾り---

| | トラックバック(0)

いまや「ケータイ」から「スマートホン」へ多機能端末の著しい普及。

ひな人形A.JPGのサムネール画像のサムネール画像掃除はロボット掃除機が部屋の中をクルクル。

車に乗ればナビから「2Km先、渋滞があります」と話しかけられる。

このとてつもない日々の生活の変化、進化。

 

3月のこの時期、40年以上昔からの、このおひな様を飾って見ていると心に朧月がかかり、うさぎになったような気持ちになる。

日本の佳き慣習が、日本人にふっと「立ち止まる」ことを教えてくれる。

ひな人形B.JPGのサムネール画像                  

 

 

 

 

 

 ← 今は亡き友人が古布で作ったミニびな             

駿河なつかし堂

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。