2010年11月アーカイブ

駿河職人の神技

| | トラックバック(0)

先日、知人の紹介で知り合った職人さんの工場へ行ってきました。
評判どおり、素晴らしい技術を持った職人さんで、東京の有名なインテリアショップが仕事を依頼しているほどです。

当社も仕事の依頼でいってきたのですが、思わぬモノを発見しました。
gt1.jpg
なんと、この職人さん、趣味でギターやサンシンを手作りしていました。

gt2.jpg
あまりの素晴らしい精度に息を呑みました・・・

gt3.jpg
僕も、少しギターを弾くので、楽器屋さんでギターを見るのが大好きなのですが、ギターメーカーが作るそれとなんら劣ることがない、というよりそれ以上の精度に脱帽です。まさに神技。

gt4.jpg
↑は、なんとアンプ付きのサンシン 笑

ものづくりを仕事にしていて、趣味の時間さえもものづくりの時間に費やす職人さんに、ただただ、脱帽です。

駿河職人、恐るべし、です 笑







◇PR◇
無垢のダイニングテーブルならテーブルクラフト
国産ちゃぶ台の販売は駿河なつかし堂

日本人の誇り

| | トラックバック(0)

朝晩は冷えてきましたね。


さて、当店のちゃぶ台ですが、人気があります。
海外製品が当たり前のように売られている中、「価格が多少高くても国産の良いものがほしい!」と思っていらっしゃる方が予想以上に多いです。

我々メーカーは、そのようなお客様の思いを大切にしていかなければならない、と改めて思いました。

確かに、中国製は安い。技術も少しずつ上がってきている。
でも、絶対的に変わらないものがある。

価値観。

価値観だけは、簡単に変えられないと思うんです。
日本人の価値観、感性。

「使えればいい」「安ければいい」
それ以外に、やっぱり日本人特有の価値観があると思うのです。

それは、例えば「わさび」や「納豆」のようなものかもしれません。
日本人だからこそわかる。

その感性を、大切にしていきたいと思いました。
日本の家具を扱うフランス人の取引先の方とお話をして、そんなことを思いました。



さてさて、関係ないですが、最近餃子が好きです 笑
2010-9-27-022.jpg
子供たちも、作るのも食べるのも好きなので毎回たくさん作ります

ただ、子供たちはいたずらで、中に梅干やチーズを入れて当てっこするのが楽しいみたい。
2010-9-27-023.jpg
見た目は美味しそうですが、中に何が入っているやら・・・^^;







◇PR◇
無垢のダイニングテーブルならテーブルクラフト
国産ちゃぶ台の販売は駿河なつかし堂

駿河なつかし堂

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。